入門者に最適な電子ピアノ


・子供にピアノを習わせようとしている人

・自分のためにピアノを買って練習しようとしている人

・音楽は全く知識がないけど、家に楽器一つ置いておきたい人

・近所迷惑になるのでアコースティックピアノは避けたい人
 
・強いこだわりはなく、ただピアノを練習できるツールがほしい人

・手軽に安価でちゃんとピアノをやってくれる電子ピアノがほしい人



 アコースティックピアノだと隣のうちに音が漏れるし、なによりも重くて場所とるし、それなりに高いし

電子ピアノでも買おうかしら。でも電子ピアノだってお高いんでしょ?


問題ありません。

今の時代、電子ピアノもかなり安価になり品質も昔よりも良い物です。

アコースティックピアノそっくりのタッチとまではいきませんが

練習するに十分なタッチで音色も変えることができるので音楽の楽しみ方が増えるでしょう。

今回は、電子ピアノはどれがいいの?とお悩みの皆さんに最適な商品をいくつか紹介します。




※なお、ここで紹介する商品の最低基準は以下とする

・電子ピアノであること。(一般的なピアノの鍵盤数である88鍵盤であり、サステインペダル付属のもの。
・5万円以下で品質の良い物。
・生ピアノとほぼ同じ位置に鍵盤があること。(スタンド標準装備)
・外観、デザインが部屋に悪影響を与えない物。


※これにより、「妥協」もするため「タッチが悪い」などの文句は一切受け付けない。
そもそも、生ピアノと同じタッチを追求した商品は、実際アップライトピアノよりも値が張るため、タッチに拘る人は大金を出してから文句を言うべき。
また、ピアノの練習について極端にタッチに拘る必要はない。ピアノは個体によって重さが違うため
訓練として色んなタッチの鍵盤で弾けるようになることも大事だ。昔、お金がない人は紙に書いた鍵盤でピアノを練習している人もいた。そして弾けるようになった人もいる。お隣のアホなママさんの変な言葉を恐れて中途半端に上級クラスの電子ピアノを買う必要はない。まずは弾けるようになるか、そのための入門電子ピアノを手に入れよう。話はそれからである。




<スポンサーリンク>

 
オススメ①

KORG LP-180

KORG 電子ピアノ LP-180-WH 88鍵 ホワイト

KORG 電子ピアノ LP-380-BK 88鍵 ブラック 


コルグのLP180。
値段からは想像つかないほどの作りの良さ。
88鍵盤、鍵盤カバー、スタンド、ペダル3つ(ダンパー、ソフト、ソステヌート)ハーフペダル対応。
音色はピアノを含め10種類。残響再現エフェクター機能あり。
鍵盤のタッチはコルグ独自の技術NH(ナチュラル・ウェイテッド・ハンマー・アクション)を採用。
NHはKORGの電子ピアノの中では廉価版に採用されているということだけ頭に置いておこう。
しかし、ピアノ練習には十分なので心配する必要はない。
私の時代でこの価格で電子ピアノなど手に入らなかったと記憶する。
今回紹介する電子ピアノの中で一番安価で条件がそろった商品である。

 子供のピアノ練習、大人の趣味でのピアノには最適だ。
スピーカーも内蔵しているため、イヤホンで演奏するかスピーカーで演奏するか好き好きだ。
また、デザインもとてもシンプルで色はホワイトとブラックから選ぶことができる。
椅子だけは別途用意しておこう。


オススメ②☆

ついでに、もう少し上のモデルも紹介しておこう。
ほんの少し高くなるが、こちらの方がおすすめである。(私個人的に一番オススメしたいので☆印をつけておいた。感謝するがいい)

KORG LP-380



なお、こちらはさらなるデザイン性の高さとコルグが誇るRH3(リアル・ウェイテッド・ハンマー・アクション3)搭載。
また、カラーバリエーションが8種類と豊富なので目移りしちゃうよ。
音色は30種類。
LP180より劣る点は無いのでご心配なく。
LP180同様に蓋が標準装備で蓋が譜面台になるようだ。

今回紹介する商品の中で一番デザインが優れた商品である。



オススメ③

YAMAHA P-series P-45




さぁ、みんなのヤマハだ。
廉価版でもブランド志向ならこれしかない。
オーソドックスな外観、必要最低限のペダル、あからさまな譜面台。
残念ながら鍵盤の蓋はないので、カバーが必要だろう。
ピアノの音源に少し自信があるみたいだ。
「余計な機能などない。お前は何がほしいんだ?インスタ生えするピアノのある部屋か?違うだろ!お前がイメージするのは、ピアノを魔法のように操る自分の活躍する姿だ。気取ったって仕方ない。まずは練習しろ!」
そんな商品だ。



<スポンサーリンク>



以上だ。

悪いが、条件の揃った優秀な電子ピアノはこのくらいしかない。

以前も同じようなネタで記事を書いた気がする。

そしてまったく同じ商品が出たはずだ。

私のお勧めはズバリKORG LP-380だ。

その決め手はオシャレなデザインと最低限の電子ピアノ機能。

そしてKORGの最高峰88鍵盤シンセサイザーにも導入されているピアノタッチ技術RH3だ。

さぁ、お店で試奏してくるがいい。

電子ピアノのキータッチに、正直良しあしは無いと言っていい。

慣れの世界だ。

YAMAHAの電子ピアノで慣れるとそれが良いと思うし

KORGに慣れればそれでいい

CASIOに慣れればそれでいい

Rolandに慣れればそれでいい

周りの意見に惑わされる必要はない。

所詮電子ピアノだ。


子供が天才ピアニストになりそうだったら

アコースティックピアノを買ってあげよう。

またそこで、お財布と相談することになるだろう。



でも忘れてはいけない

電子ピアノも立派な楽器だということを。

決してピアノのまがい物ではない。

電子ピアノは電子ピアノという楽器だ。


さらばだ!