こんばんは。

CCカラスです。

ようやく来ましたね。

Cinesamples(シネサンプルズ)のストリングス音源「CineStrings CORE」の アップデート!

バージョン1.3きました!

今回のアップデートは無償アップデートですので、CineStrings COREユーザーは無条件でアップデート可能です。

アップデート内容の公式動画は下に貼っておきます。



英語ですので、わからない方は私の記事を読んでくださればと思います。

いやぁ、遅かったぁw

もう改善してほしい点が多すぎて。。。

以前のバージョンはもはや仕事なんかには使い物にならないレベルで重かったんですが。

このアップデートで何が改善されたのでしょうか?



<スポンサーリンク>
・今回のアップデートは好印象!


 以前の記事「CineStrings SOLO」でも少し書いたのですが、SOLOではなくCineStrings COREには困難な点がたくさんありました。

特にCineStrings COREは、「重かった」「たまに音が鳴らなくなったりする」「音の立ち上がりが遅い」「レガート奏法の速いパッセージに付いてこれてない」

などなど、MIDIデータで演奏を作りこもうものなら一つ一つのノートをかなり手前に打ち込まなくては、他のパートと時差が生じてしまう。これは仕事になるととても効率が悪くなります。

しかし、今回のアップデートでそれらの悩みが解消されました。


・アップデート概要

CineStrings CORE内の全てのパッチが作り直され「CineSamples Adaptive Legato Engine」(シネサンプルズアダプティブレガートエンジン)が搭載されました。

このCineSamples Adaptive Legato EngineはCineStrings SOLOから採用されたスムーズで高レスポンスなレガートを実現するエンジンです。特にキーボードで打ち込む人にはリアルタイムレコーディングがより軽やかに行うことができるようになるものです。

以前のバージョンでは微妙だった早いパッセージにもしっかりとついてこれるようになりました。

また音が途切れたり、全くでなくなるようなトラブルもなくなりました。

二和音以上のレガート(ポリフォニックレガートもスムーズになっています
(※しかしながら、このポリフォニックレガートにおいて音切れノイズがたまに起こることが確認されました。これ関してはまだ所見の状態なので私のPCの問題なのかシネスト側の問題なのかは定かではありません。)


無駄な発音数を減らすことでCPUパフォーマンスを改善しました。

これに関しては、単純に上で上げたように軽くなったということだと思います。


ビブラートとダイナミクスのコントロールをリンク可能になりました。

文字通り、今までダイナミクスコントロール(CC1)とビブラートコントロール(CC2)を別々で書く必要がありましたが、よっぽどこだわりが無い人は強く演奏するところはビブラートを付ける定番な演奏をさせている人も多いはず。それがリンク可能になったので、どちらか一方のコントロールをいじれば両方が一緒に連動してくれるようになるリンク機能が付いたわけです。説明がわかりにくいな。
要は、ダイナミクスを強く回せばビブラートも一緒にかかってくれる機能をオン/オフをボタン一つで設定可能になるわけです。
もちろん今まで通り、別々で書きたい人はオフにしておけばいいわけです。

  



ヘアピンクリエーターにダイナミクスとビブラートコントロールを追加。


単音~和音をパッド風に演奏させる機能においてダイナミクスとビブラートのコントロールも可能になりました。


Full mapping options搭載

これはSOLOから採用されたオプション。
これで細かいマッピングが可能です。
どの鍵盤でどの奏法を選ぶか、そのコンビネーションなどを好きなように設定できます。


セッティングページにfull Dynamic range controlを追加。

これは、大したものではないでしょうけど、ダイナミクスの範囲を調整したりできるのかな?(お前いきなりテキトーだな~)
ようは音の強弱の差をどの程度にするかの設定ですね。



Velocity attack


これはレガート奏法の時、どのくらい優しく弾けばゆっくり音が立ち上がりどのくらい強く弾けば音がすぐ立ち上がるかの設定。


New ensembleパッチ

そのまんまです。新しいアンサンブルパッチの追加です。
要は、以前のバージョンよりも楽器のセクション切り替えの際の音の変化を減らしたのかな?(さっきから自信なさそうだな)


BASSESのサンプル音量の再調整


以前までのバージョンはコントラバスの基本音量がほかのパートよりも小さかったようなので少し音量を上げました。ということです。



まとめ

まぁ、簡単に説明するとこんな感じです。

いいでしょ?

多分多くのユーザーが「CineStrings CORE」に不満を抱えていたと思います。

でも、今回ようやくスムーズに作業できるレベルにまで改善されました。

気になるのはやはりさっきも言ったのですが、ポリフォニックレガートで演奏していると音切れというかノイズが入ることですね。

これは瞬間的にCPUが追い付いてないだけなのかもしれないです。

ミックスダウンで問題が無ければいいんですが。今度出来たらその検証もするかもしれません。


とにかく良いアップデートであることに変わりはないです。


 Thank you Cinesamples!!!


無償アップデートを発売してからも長くやってくれるメーカーですから

ユーザーを見放さないでプライドを持って仕事をしている印象ですね。

時間はかかってますけど笑

感謝してます。


アップデートをしてくれるメーカーは優良メーカーと言えると思います。

とくに無償アップデートですよね。



BenQ モニター ディスプレイ GL2460HM 24インチ/フルHD/TN/HDMI,VGA,DVI端子【Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23インチ IPS 薄さ7mmのウルトラスリム ブルーライト軽減 フリッカーフリー HDMI,D-sub スピーカー VZ239HRI-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DB (広視野角/ブルーライト軽減/スピーカー付/3年保証/土日もサポート)